自動車の下取りや買取りのメリットとデメリットを考えてみた

自動車の下取りや買取りのメリットとデメリットを考えてみた

自動車を買い換える時には、新しい自動車を購入するディーラー(自動車メーカーなどと特約店契約を結んだ自動車販売業者)に乗っていた自動車を下取りしてもらうことになりますが、この下取りとは、自動車の購入代金の値引きとして今まで乗っていた自動車を引き取ってもらうものです。

 

また、ディーラーの下取り価格と下取り相殺額とは異なるものですので名義変更費用には注意が必要で査定時の下取り名義変更費用や査定料の名目で見積額に手数料を上乗せしている場合があります。

 

自動車を下取りに出すメリットとは、今まで乗っていた自動車を売る手間が省けて、新しい自動車車の購入と古い自動車車の売却が一度で済ませることができます。

 

また、販売店は自動車を売ることが目的ですから買取り店で断られた車でも下取りしてくれる場合がありますし、たとえ年式が古い車でも下取りしてくれる場合もあります。

 

事故車や修理履歴のある車でも引き取りを頼みやすいのですが、訳ありの自動車を下取りしてくれるのと変わりに自動車の購入値引率が下げられていないように注意をしましょう。

 

次の買い替えの時にも同じ販売店で下取り買い換えをすると信頼関係やお得意様関係が生まれて有利になるなどのメリットがあります。

 

逆に自動車を下取りに出すデメリットとして、基本的に自動車を転売しやすい自動車買取店の買取額よりもディーラーの下取り額のほうが低い査定になる場合があります。

 

自動車買取店の買取額とディーラーの下取り額とを比較し、ディーラーの下取り額のほうが低い時は、自動車買取店の買取額以上の査定額を提示してもらい、ディーラーへ下取り交渉をすることで有利な状況を作ることができます。

 

下取り価格と新車の値引き額がわかりづらいというデメリットなどがあります。

 

下取りや買取りには、それぞれメリット・デメリットがありますのでしっかり検討されることをお勧めします。

 

時間が取れない方や別段高く売れなくても良い方は下取りを、高く売りたい方は買取専門店の査定を勧めます。

 

詳しくはこちらを→http://xn--45qu2dg1oglegs8d9uc.com/