軽バンの応用性がすごい!

軽バンの応用性がすごい!

皆さんは「軽バン」をご存知でしょうか。

 

引っ越し業者が良く使っているイメージの、荷台に屋根ついている軽自動車のことです。

 

もともと、私が思う軽バンのイメージは、「見た目が安っぽい」、「作業着を着た人が乗っている」、「仕事用の車」というものでした。

 

しかし、最近、知り合ったサークルの後輩の女の子が、「軽バン」に乗っていて、そのイメージが吹き飛ぶほどの衝撃を受けました。

 

その後輩は、自転車に乗って各地を旅することが趣味のようで、自転車を積める車が欲しくて、軽バンに乗っているとのことでした。

 

後ろの座席は折りたたまれており、その上に木目の模様をしたマットが敷かれていて、まるで、小さな部屋のように見えました。

 

積んでいる自転車の下には、ゴムマットが敷かれており、滑らないようになっています。自転車の横には、工具を入れる棚がありました。

 

天井には、黒いネットが取り付けられており、リュックサックやタオルなどが置かれていました。

 

天井の黒いネットの中には、両端にS字フックが取り付けられたロープも入っており、何に使うか聞いてみたところ、「衣類が濡れたときに、このロープを両端のアシスタントグリップに引っかけて、物干し竿の代わりにするんだよ。」と答えてくれました。

 

工具箱は、タイヤの空気入れも入る大きさなので、使用しない時には、上に板を置いて机にするそうです。小さな本棚も設置されており、漫画が何冊か置いてありました。

 

http://xn--3iqp9kgzj3kyz2h4nzgkd.com/

 

軽バンってこんなにも、応用性が高いのかと、衝撃を受けました。同時に、アイデア次第で、世界に一つだけの車を作ることが出来るお洒落な車なのだなと思いました。

 

ネットで調べてみると、軽バンの荷台スペースをオリジナルにカスタマイズしている人が多くいて、とても感銘を受けました。

 

軽バンに乗っている人は、ぜひ調べてみてください!